VODサービスでお家時間を満喫

すべてがみれるワケではない

実際に見てみると今まで食わず嫌いで避けていた自分がもったいなかったと思えるほど、隠れた名作を知ることができて驚きました。
有名俳優の作品でも国内で大々的にプロモーションをしてロードショーしていた作品は知っていましたが、無名の下積み時代の作品もあり、当時のこの俳優さんは若かったなとか、新人時代から演技が上手くて才能に溢れている人だったんだななど、感慨深い気持ちも相まってより深く楽しめました。
それ以来、すっかりVODにハマってしまい、毎日できるだけ多くの時間を作って視聴し続けました。
ここで気づいたのが、VODに加入すれば全ての作品が永遠に見放題だと思い込んでいたのですが、一部の作品については公開期限が設けられていることを発見しました。
映画会社との契約の関係で仕方が無いことですが、これまでゆったりと数年かけて見たかった作品を視聴しようという計画を大きく変えることを余儀なくされました。
パソコンから公式ウェブサイトにアクセスしたり、専用アプリから閲覧できる番組表を眺めて、公開期限が迫っている作品から順番に視聴することにしました。
前述したように今まで見たかった作品だけではなく、おすすめ作品や関連作品で新しい楽しみを知ってしまった現在、多くの時間を確保しました。
もちろんそれらのアクティビティは決して苦痛ではなく、むしろ大好きな映画に囲まれて幸せな時間でした。

VODに加入すべてがみれるワケではないVODサービスの存在に感謝しています

VODスカパー!オンデマンド